×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

人的嫌がらせとは

この嫌がらせ犯罪の中には、「付きまとい」「集団ストーカー」「仄めかし(ほのめかし)」「身の回りの人の不審な言動」「嘘の情報(噂)の流布」などの実際に人を使った人的嫌がらせが頻繁に行われています。ここでは、その人的嫌がらせに関して私の経験や考えなども踏まえて説明したいと思います。

人的嫌がらせの目的

電磁波などの科学技術を使う場合と違い、人的嫌がらせ行為をやる目的は主に被害者を心理的に揺さぶり、意識を常に外に向けさせて絶えず緊張状態にしておくことにあると思われます。これによって被害者の精神状態は不安定でモロくなり、自身が耐え切れなくなって自ら不審な行動をとってしまったり最悪自殺にまで追いやられる場合もあるようです。
この他にも以降の加害行為の効果を倍増させることが出来るといった効果も狙っているように思います。

またこの人的嫌がらせは、一見して見知らぬ通行人や一般人(老若男女問わず)からやられたり、つい昨日まで普通だった知り合いなどからも加害行為をされるので、まるで自分が本当に何か悪いことをして世間から孤立したのでは?と錯覚してしまうこともある程の精神的ダメージを与えられます。

また、これは個人的な意見ですが、主に脳に電磁波などを照射されて思考データを取られるといった被害者の場合には、付きまといやストーカー、その他様々な嫌がらせにより被害者の精神状態を不安定にして感情が高ぶった状態にしておくことは、おそらく被害者の生体データとしての波形がより取得し易いからなのではと推測しております。

このことは、僕が何かに集中しようとしたり、リラックスしようとしている瞬間を特に狙って、周りで大きな物音を立ててくるとか咳・バカ笑いが頻発するといった現象からも類推可能かと思います。

この件につきまして、何か有力な情報などお持ちの方は私へご一報頂ければと思います。


人的嫌がらせの種類

付きまとい、集団ストーカー
⇒ 被害者の跡を付回す所謂ストーキングのこと。ただし、この被害に於いては一個人や数人でのストーカー行為ではなく、加害者側の人間やそれに雇われた単なる一市民によって行われるのが特徴。
手口としては主に携帯電話で連絡を取りながら被害者の行く先々で、そにいる(又は配置した)加害者が被害者を監視していると思われる。

仄めかし(ほのめかし)
⇒ 被害者自身やその関係者だけにしか知りえない情報や、被害者だけが特に反応する言葉を被害者の近くでわざと聞こえるように言う行為のこと。
これは全く知らない第三者(加害者も含む)だけでなく、被害者と関係のある身近な人間(職場の同僚や自宅近所の住民)などからも仄めかされるとの被害報告が多数あります。ちなみに、被害者に付きまといながら仄めかすという行為は加害者の常套手段でもあります。

身の回りの人の不審な言動
⇒ 被害者の身の回りで、明らかに故意に被害者を意識してやっているとしか思えないような言動をすることです。それは主に被害者のあるタイミングにピッタリ合わせてやられることが多いようです。
例を挙げますと、『玄関を出ると必ずバイクが発進する』『メールを送ると必ず物音がする』『集中し出すと決まって急に傍の人間が物音を立てる』などです。特に被害者を見てニヤリと笑って通り過ぎる、タイミングよく咳をする、突然バカ笑いが起こるなどはどの被害者にもほぼ共通する程頻繁に行われている行為です。

嘘の情報(噂)の流布
⇒ 被害者の周り(主に自宅周辺や職場など)の人達に被害者の評判が悪くなるような嘘の情報を故意に流し被害者が自宅や職場に居辛くなるように工作すること。
この噂を流すのは間違いなく加害者側の人間ですが、その嘘の情報がさも本当の情報であるという信憑性を高めるために、被害者の個人情報をリークして信用させたり、既にある町内会や自治会などの防犯ネットワークを上手く悪用したりするとの被害報告もあります。


以上、代表的な例を挙げましたが、この他にも・・
家宅侵入盗聴・盗撮暴言・暴行郵便物の不着・盗難メールの遅延・未着店員の不審な対応緊急車両やヘリコプターなどとの頻繁な遭遇などの被害報告も多数あります。
【参考HP:NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク アンケート統計】