×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

このサイトについて

このサイトは、私が過去から現在に至るまで受けている電磁波などの科学技術を使った嫌がらせや複数人を使った組織的な様々な嫌がらせを記録し、それを告発するものです。

私の被害体験を知ってもらい、その真実を明らかにすることが第一の目的ではありますが、それに伴って全国にいる同じ被害に遭っている方の救済とこの卑劣な犯罪自体の存在を世間の方々に認知してもらい、この犯罪の解明と撲滅に繋がって欲しいと心から切に願っております。

◆◇◆管理人について◆◇◆
イニシャル: K.A
性別: 男性
年齢: 39歳
出身地: 福岡県久留米市北野町(旧福岡県三井郡北野町)



はじめに読んで下さい!
◇ 私の被害について

被害当初から私は加害者達に「パソコンを止めろ」とか「独身だから・・・」「結婚も出来ない」などという仄めかしや音声送信を頻繁にされてきました。また、東京に来てからはさらに「地元に帰れ」「兄の世話になれ」などの趣旨のものも増えました。

こういった私の過去被害体験から考えると、加害者達のとりあえずの目的
『 私を地元福岡県に連れ戻し、身内の傍で体を使った仕事をしながら所帯を持って生活させること 』
と推測できます。つまり、今現在続いている嫌がらせ被害は、私が未だに独身でパソコンで仕事をしていて、且つ身内から遠ざかっていることに対する嫌がらせだと考えられます。

そう考えると、かなり思想弾圧的な要素が含まれているようですので、私の加害者は一個人というよりは何かしらの思想を持った団体(宗教団体など)、もしくは地元地域に密着した何かしらのネットワークの類、または暴力団関係とも考えられます。

ただこれは現段階で知り得る情報から単に確率の高い表面上の結論を出したにすぎませんで、本当は、私の身内の前の代から続いている被害を受け継いだだけであって、つまり私が地元に居ないと地元で長年行われてきた加害システムが成り立たなくなってしまうのを恐れて私を地元に引き戻したいのだと考えています。

そう考えるのには理由がありまして、元々私の家系はガン家系でして、母は43歳で他界、叔母はメニエル・片耳難聴、長兄の息子は身体障害児(足が曲がってる)だし、次兄夫婦は流産してます。実はこれら全部電磁波の照射で実現可能と言われているものばかりなのです。ただ本人達はそれに気づいてませんが。

そしてこれらの不幸が起こり出したのが、私が高校1年生の時に母が他界した直後からです。実はこの少し前から父が地元の行きつけのスナック女性店員、松崎玲子と付き合い出しており、その女性が後々私の親類と実家の相続争いを演じることになるのですが、まさにその女性が現れてから身内に不幸が起こり出したのです。

また、私が具体的に科学技術を使った犯罪被害(音声の送信など)に遭い始めたのは2000年夏に福岡県久留米市のアパートの近所に住んでいた緒方成美一家から「のぞき犯」だと勘違いされて以降です。

いずれにしても、今の段階では私の加害主犯を断定できていません。ただ、はっきりしているのは、私が少なくとも過去10年以上に渡って執拗な嫌がらせ犯罪の被害に遭っているということ。また、例え私が加害者の言いなりになって地元で慎ましく暮したところで、表面上の被害は無くなったように見えるかもしれないが、恐らく監視の目は一生続くであろうということです。

ですから、私は加害者と真っ向から戦うべく、実家の長兄宛に内容証明で絶縁状を送付(受領確認済)、本籍も東京都内へ移す分籍の手続きを完了しております。ですから、法的には絶縁はできませんが、今現在実質的には、私は身内とは絶縁しており、全く無関係となっております。なので、もし私の身内からの依頼だとか身内不幸をした罰だとか、何かしら私の身内のことを引き合いにだして私への監視や嫌がらせに協力させるような話を聞きましたら、間違いなくその人間が加害者だと思ってください。

いずれにしても、今までことごとく仕事を邪魔され、私生活を覗かれ、嘘の情報を流され、存在しないはずの物音や音声を送信して近隣住民とのトラブルを誘発し、結果的に引越しせざるを得ない状況にさせられてきました。もちろん今現在も毎日被害を受けています。
過去の詳しい被害状況については被害概要をご覧下さい


◇ 私の今の状態について 〜 こういう噂話を聞いていませんか?

こういった過去の被害体験(特に音声送信によるかく乱)により、今現在では自宅アパートや宿泊施設、その他私の周りから聞こえる物音や話し声がホンモノの音声なのかそれとも加害者が送信しているウソの音声なのかの判断がつきにくくなっております。

ですので、もし仮に私が例えば自宅アパート等で騒音を立てられたり悪口を言われているのに何も文句を言わないのはおかしいだとかいう類の話をお聞きになりましたら、それは私がその騒音なり悪口なりがホンモノかニセモノかで迷っているからであって、決して文句を言えない後ろ向きな理由があるからではありませんのでご理解頂ければと思います。

またこの他にも私が「泥棒だった」とか「警察に捕まった」とか、何か私が過去に悪いことをしていたといった類のデマや身内の話を持ち出すなど、いかにももっともらしい理由をつけて私の邪魔(特に仕事やパソコン作業)をしたり、私を監視して情報提供するように周囲の人間にお願いしたり、私が「泣く」ように仕向けられたりしております。

逆にそういう噂を立てている人間こそ加害者側の人間である可能性が非常に高いのは言うまでもありませんし、現に私の他にも同じような被害実例も多数聞いております。

尚、以前には経験もありますので、もしそういった私に関する悪い情報をお聞きになりましたら私にご一報頂ければ幸いです。加害者を追い詰めることが出来るかもしれませんので。
よろしくお願い致します。


◇ 電磁波及び嫌がらせ被害について

この嫌がらせ犯罪の恐ろしい所は電磁波などの科学技術を使うことで人を操ることが出来てしまうことです。電磁波を使った人間の感覚の伝達については既に特許も公開されていますし、総務省でもその種の研究を発表しています。元々軍事技術として開発されたものと考えられていますが、現状その技術力はかなり進んでいるものと容易に想像出来ます。

また、この嫌がらせ犯罪が組織的であることは明白ですが、その根拠として、全く面識の無い不特定多数の第三者に私などの被害者個人にしか知りえない情報を聞こえる言われる、所謂「仄めかし」の被害を受けている被害者が多数いるということです。さらに被害者が全国どこに行っても跡をつけられていると感じる、所謂「付きまとい」「集団ストーカー」被害も全国的なネットワークを持ったもしくはそれを行えるだけの権力や財力を持った組織(創価学会が関与していることは有名)にしか行えないからです。もちろん私もこの被害に遭っています。

今現在(2009年2月22日)、この被害者で組織しているNPO団体「テクノロジー犯罪被害ネットワーク」の確認被害者数が全国で530名を超えています。(私もこの会の正会員です)ただ、これはあくまでも自分でこの被害に遭っていると認識出来ている人の数ですので、実際の被害者の数はおそらくこの数倍もいるものと私は個人的に考えています。

こうした不幸な被害者を救うため、また全く利害関係も何の縁もない人を嫌がらせすることで何かしらの報酬をもらっているであろう畜生達やその雇い主である加害主犯を明らかにし、厳罰を科すために皆さんのお力をお貸し頂ければと思います。